• トップ /
  • 妊娠中の除去食とアレルギー予防

妊娠中は食事管理が大事

妊娠中の除去食とアレルギー予防

妊娠中はバランスのとれた食事を

妊娠すると、これまで以上に食事に気をつけなければいけません。母体の健康を維持するとともに、胎児の成長に欠かせない栄養を摂取する必要があるためです。また、生れてくる子どものアレルギー予防のため、アレルゲンの含まれた食品を摂らないようにする人も多くいます。しかし、妊娠中の除去食は本当に必要なのでしょうか。アレルギーとは、アレルゲンと呼ばれる原因物質を摂取することで、体が過剰に反応してしまい起こる症状のことです。じんましんや腫れ、鼻炎、喘息などがあらわれることがあります。最近では赤ちゃんでも発症することが増えています。この赤ちゃんのアレルギーの原因が、妊娠中の食事にあるのではないかとして、アレルゲンとなりやすい、卵や牛乳、大豆、小麦、米などを食べないようにすることがあります。これが除去食です。しかし、いまのところ、妊娠中のアレルゲン除去食と、赤ちゃんのアレルギー予防効果との関連は明らかでないとされています。母体や胎児へ充分な栄養が行き渡らなくなる可能性があるため、行わない方がいいという意見もあります。両親や兄弟姉妹がアレルギー体質の場合、赤ちゃんもアレルギーを発症しやすくなると言われています。その場合は、アレルギー予防のため、家族のアレルゲンである食品の過剰な摂取は避けましょう。そのうえで葉酸、カルシウム、鉄分を多めに、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大事です。

バックナンバー

妊娠の凄い情報

↑PAGE TOP